日本のスーパーコンピュータは、世界で最も速い戴冠

マシンはまた、そのコンピュータチップのために波を作ることができます。 富士通は、数十億台のスマートフォンの心臓部にある基盤技術を使用してプロセッサを設計することを選択しました。 英国に長く拠点を置くArm社からデザインのライセンスを取得し、現在は日本のコングロマリットであるSoftBankが所有しています。

これに対して、ほとんどのスーパーコンピュータは、IntelやAdvanced Micro Devicesが最初にPc用に販売したチップから進化したマイクロプロセッサを使用しています。 最も強力なマシンは、ビデオゲームや、最近では人工知能アプリケーションを実行するために使用されるNvidiaグラフィックスプロセッサなど、より特殊なチ

Armのライセンシーは、多くの成功なしにデータセンターで足場を得るために何年も試みてきました。 しかし、Amazonが運営するクラウドサービスは、Armベースの製品を積極的に推進し始めています。

Armのインフラ事業の上級副社長であるChristopher Bergey氏は、高性能コンピューティングの増加を予測しています。 一つには、最近Hewlett Packard Enterpriseに買収された長年のスーパーコンピュータメーカー Crayは、富士通のArmベースのチップをベースにしたシステムを販売する予定です。

Fugaku”ほぼ10年の投資と仕事の集大成です”とBergey氏は述べています。 “それはかなりエキサイティングな時間です。”

米国とドイツの研究者によってまとめられたTop500リストは、フランクフルトで通常開催されているスーパーコンピュータイベントに合わせてリリースされていますが、今年はコロナウイルスのパンデミックのために仮想化されています。

マシンはまた、そのコンピュータチップのために波を作ることができます。 富士通は、数十億台のスマートフォンの心臓部にある基盤技術を使用してプロセッサを設計することを選択しました。 英国に長く拠点を置くArm社からデザインの…

マシンはまた、そのコンピュータチップのために波を作ることができます。 富士通は、数十億台のスマートフォンの心臓部にある基盤技術を使用してプロセッサを設計することを選択しました。 英国に長く拠点を置くArm社からデザインの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。