ヘブル人への手紙-詩による詩の聖書の解説-StudyLight.org

1. 受信者、著者、執筆時間

一般

ヘブル人への手紙は、新約聖書の中で最も美しいものの一つです。 主イエスはその中の中心的な場所を占めています。 同時に、この書簡は最も難しいものの一つでもあります。 この書簡を正しく理解するためには、旧約聖書におけるユダヤ人の神の奉仕についての完全な知識が必要です。

受取人

手紙は書かれた説教として始まり、手紙の形で閉じます。 著者も受取人もその中には言及されていません。

“ヘブル人へ”というタイトルは、アレクサンドリアのクレメンス(紀元前150年頃-紀元前215年)とともに2世紀にのみ登場する。 手紙のために知られている他の名前がないので、それはおそらく非常に古い伝統に戻ります。 しかし、これらのヘブル人は誰でしたか、そして彼らはどこに住んでいましたか?

“ヘブル人への手紙”は、イスラエル人とアブラハムの子孫のための名前です(創世記14:13;ピリピ人への手紙3:5と比較)。 そして、まだ書簡は、その中にOTへの非常に多くの参照があるという事実だけのためにその名前を受け取ったことはできません。 受取人は、旧約聖書に非常に精通しているだけでなく、イスラエルの人々から発信されたものとして頻繁に扱われているに違いありません。 この事実には、”先祖”、”預言者”(ヘブル人への手紙第1章1節)、”長老”(ヘブル人への手紙第11章2節)のような表現が指摘されています。 また、モーセ、ヨシュア、アロンの言及は、すべて神の選ばれた人々に属していましたが、同じことを確認しています。

しかし、受取人は、神の救いの道は旧約聖書の神の奉仕ではなく、主イエス-キリストへの信仰であるという結論に達しました(ヘブル2:1-4;ヘブル3:1;ヘブル3:6;ヘブル4:1-2;ヘブル4:14-16;ヘブル6:1-3;ヘブル10:13-25)。 使徒パウロは、ローマ人への手紙第11章1-5節で、そのようなクリスチャンを”恵みの選択による残りの者”と呼んでいます。 しかし、これらのクリスチャンは、迫害の重い外向きの圧力のために、キリスト教から撤退し、ユダヤ教に戻る危険にさらされていました(ヘブル6:4-8;ヘブル10:26-31)。 これらは、特にクリスチャンであると公言していたが、救い主イエス-キリストに対する真の信仰を持っていなかった人々でした。

ディアスポラの回心したユダヤ人である”散った見知らぬ人”(1ペテロ1:1参照)とは対照的に、ヘブル人への手紙の受取人はパレスチナに住んでいました。 これはヘブル人への手紙第10章11節、ヘブル人への手紙第10章34節に見られます(使徒行伝第8章1節と比較)。 彼らはこの手紙によって教えられ、訓戒され、励まされました。

著者

手紙の著者は彼の名前を言及していません。 多くの仮定は、著者がされている可能性があります誰にとして行われています: パウロ、ルカ、バルナバ(そうTertullianは言う)、アポロス(そうマルティン*ルターは言う)、シラス、あるいはアクイラとプリシラが示唆されています。

現代の科学者のほとんどは、手紙の内容、構造、言語が彼にとって典型的ではないため、パウロを著者として受け入れることを拒否しています。 そして、まだ古いアレクサンドリアの伝統は、使徒パウロにこの手紙を帰します。 著者がテモテをよく知っていたという事実(ヘブル人への手紙第13章23節)と、ユダヤ人キリスト教徒にも書いたペテロが彼らにパウロの手紙を述べているという事実(2ペテロ3章15節)は、アレクサンドリアの伝統のために語っている。 しかし、手紙の宛先はパレスチナのユダヤ人キリスト教徒であったのに対し、ペテロはパレスチナの外に住んでいた散らばった見知らぬ人に手紙を書いた(1ペテロ1:1)。 パウロが著者であったならば、彼の名前を言及しない理由の一つは、彼が国家の使徒であったのに対し、ペテロはユダヤ人の使徒であったということ

実際のところ、書簡の著者は不明のままである。 この手紙に影響を与えた聖霊は、意図的に主イエスを使徒として、そして私たちの職業の大祭司としてのみ紹介したかったのです(ヘブル人への手紙3:1)。 教会の父Origines(185から254ACの周り)は適切に書いています:神だけが真実で著者が誰であるかを知っています。

執筆時間

R執筆時間に関しては、科学者の意見は書簡の著者に関してと同じくらい異なります。 しかし、ローマのクレメンス(95ACの周り)の書き込みは、手紙からヘブライ人への多くの参照を示していることは確かです。

ヘブル人への手紙自体から、旧約聖書の神殿での供え物の奉仕はまだ存在していたことがわかります(chap. 9:6-7; 10:11). 神殿とエルサレムの街は、西暦70年にローマの将軍と後の皇帝ティトゥスによって破壊されました。 ヘブル人への手紙は、この破壊について言及していません。 これが、多くの科学者がこの書簡が60から70年の間に書かれたと信じている理由です。 パウロの著作を拒否する多くの人は、ヘブル人への手紙第2章3節、ヘブル人への手紙第13章7節の理由で、使徒の死の後しばらくの間、手紙が書かれていたに違いないと結論づけています。 これを言って、科学者たちは明らかに、使徒パウロ自身が地球上で主イエスを見て聞いた使徒たちに属していなかったという事実を見落とす。 使徒行伝第7章59節、使徒行伝第12節:1-2執事のステファンと使徒ヤコブについて教えてください。 彼らの死は主の証人でした。

2. 執筆の主題と目的

ヘブル人への手紙は、使徒たちの説教によって回心したパレスチナのユダヤ人でした。 使徒行伝の最初の章では、何千人ものユダヤ人が信じるようになったと説明しています。 しかし、彼らの不信で堅くなった同胞によって迫害が始まった直後(使徒行伝8:1-3;使徒行伝11:19;使徒行伝12:1-3;1テサロニケ人への手紙2:14と比較)。 ヘブル人への手紙の著者は、これらの迫害についても書いています。

ヘブル人以外にも、聴覚が鈍くなり、怠惰になっていました(ヘブル人への手紙第5章11節、ヘブル人への手紙第6章12節)。 これに続いて、ある種の霊的な衰退が続きました(ヘブル人への手紙第5章12-14節)。 このため、著者は、彼らが最初に示した神への信仰と献身を何度か思い出させます(ヘブル人への手紙第6章10節、ヘブル人への手紙第10章32節、ヘブル人への手紙第13章7節)。

ヘブル人は、キリスト教の信仰の経験によって落胆し、弱くなっただけでなく、ユダヤ教に戻ることを考えていた人もいました。 (ヘブル人への手紙第2章1節;ヘブル人への手紙第3章6節;ヘブル人への手紙第3章14節;ヘブル人への手紙第4章11節;ヘブル人への手紙第4章14節;ヘブル人への手紙第6章11節;ヘブル人への手紙第10章23節;ヘブル人への手紙第10章35-36節;ヘブル人への手紙第13章7節)この手紙の中で、彼らは信仰を守り、耐えるように何度も戒められているのはこのためです。 しかし、著者はまた、福音への信仰を公言した人がユダヤ教の彼の前の人生に背教するならば、それが何を意味するのかを非常に厳しく伝えます。 そのような魂には恵みはありません(ヘブル人への手紙第6章4-8節;ヘブル人への手紙第10章26-31節)。

しかし、書簡の偉大な主題はキリストです! 神の御子キリストにおける神の完全な啓示の昇華、新しい契約の大祭司と仲介者、旧約聖書のすべての啓示、戒律と人々は、全体の書簡を通過する主な考 キリストは預言者や天使たちよりも大きく、モーセ、ヨシュア、アロンよりも高いです。 その多くの供え物を持つユダヤ人の神の奉仕は、イエス-キリストの体の供え物の現実の影に過ぎませんでした。 旧約聖書の多くの言及は、主に、古い契約と新しい契約とキリストの成就との間のコントラストを証明するために言及されています。 これが、ヘブル人への手紙を”第五の福音”として、またマタイによる福音書の続編として見ることができる理由です。 マタイによる福音書は、すべての旧約聖書の預言の成就者としてキリストをユダヤ人に提示しています。 そして、ヘブル人への手紙は、旧約聖書の奉仕の指示のantitypeと成就として、キリストと天での彼の奉仕を提示しています。

ヘブル人への手紙は、新約聖書の他の書簡といくつかの点で異なっています。 神は信者の父と呼ばれることはありません(ヘブル人への手紙第12章7節、ヘブル人への手紙第12章9節は比喩的なものに過ぎません)、キリストを信じる信者の立場は考慮されていません。 信者たちは、神への自由な入り口とキリストの働きによる天の召しを持つ地上の男性と見なされています。 したがって、この書簡は、砂漠のイスラエルの贖われた人々が神に近づくことができるのを見るレビ記で同等のものを見つける”荒野の書簡”です。 レビ記16章(贖罪の日)の中央の章は、ヘブル人への手紙第9章、ヘブル人への手紙第10章では、カルバリーに関するキリストの働きによって成就されたと説明されています。 エルサレムの神殿は言及されていませんが、幕屋はよく言及されています。 ヘブル人への手紙第9章2節の幕屋は、荒野での会合のテントのいずれかを意味します; ヘブル人への手紙第9章21節)または絵画的な方法でユダヤ人の奉仕の秩序(ヘブル人への手紙第9章8節;ヘブル人への手紙第13章10節)。 ヘブル人への手紙第8章2節;ヘブル人への手紙第9章11節では、幕屋という言葉は天の聖域を意味しています。

3. 特殊性

a)キリストを見るために

新約聖書の他の書簡は、それほど頻繁に主イエスに私たちを指していません。

第2章9-しかし、私たちはイエスを見ます。..

第3章:1-考えてみてください。.. イエス

第12章2-イエスを見る

第12章3-そのような収縮に耐えた彼を考えてみましょう。

)ヘブル人への手紙の重要な用語

以下では、手紙をよりよく理解するために重要で頻繁に現れる表現のいくつかに言及します。

パーフェクト

第2章10節;5:9.14(新しい翻訳では完全な年齢または完全な成長した男性,脚注を参照してください…)

完璧な

第2章10節;5:9.14(新しい翻訳では6:1); 6:1; 7:11.19.28 (新しい翻訳); 9:9.11; 10:1.14; 11.40; 12:23

永遠、永遠、永遠、永遠、永遠、永遠

章1:8; 5:6.9; 6:2.20; 7:17.21.24.28; 9:12.14.15; 13:8.20.21

より良い

章1:4; 6:9; 7:7.19.22; 8:6; 9:23; 10:34; 11:16.35.40; 12:24

聖化された、聖なる、聖人、聖さ

章2:11; 3:1; 6:10; 9:13; 10:10.14.29; 12:10.14; 13:12.24

サンクチュアリ、すべての神聖な、聖なる場所、聖なる場所

章8:2; 9:1.2.3.8.12.24.25; 10:19; 13:11

4. 目次の概要

I.ヘブル人への手紙第1-7キリストの高貴な人

チャプター

1:1-14

神の御子キリスト

2:1-4

最初の括弧: 神の言葉に耳を傾けるための訓戒

チャプター

2:5-18

人の子キリスト

3:1-4:13

第二の括弧:信仰への訓戒

チャプター

4:14-5:10

大祭司キリスト

5:11-6:20

第三の括弧: 成長への訓戒

チャプター

7:1-28

大祭司キリスト(続)

II.ヘブル人への手紙第8-9章;ヘブル人への手紙第10章1-18節キリストの崇高な奉仕

チャプター

8:1-13

新しい契約の仲介者キリスト

チャプター

9:1-12

天の聖域のキリスト

チャプター

9:13-10:18

キリスト完全な犠牲

III.ヘブル人への手紙第10章19-39節; ヘブル人への手紙11-13実践的なパート-信仰の生活

チャプター

チャプター

チャプター

チャプター

チャプター

チャプター

チャプター

チャプター

10:19-36

10:37-11:40

12:1-17

12:18-29

13:1-7

13:8-12

13:13-16

13:17-25

維持するための訓戒

旧約聖書の信仰の英雄

辛抱する訓戒

神の聖さ

各種訓戒

キリストは不変です

キリストの模倣への訓戒

様々な訓戒と終わり

1. 受信者、著者、執筆時間 一般 ヘブル人への手紙は、新約聖書の中で最も美しいものの一つです。 主イエスはその中の中心的な場所を占めています。 同時に、この書簡は最も難しいものの一つでもあります。 この書簡を正しく理解…

1. 受信者、著者、執筆時間 一般 ヘブル人への手紙は、新約聖書の中で最も美しいものの一つです。 主イエスはその中の中心的な場所を占めています。 同時に、この書簡は最も難しいものの一つでもあります。 この書簡を正しく理解…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。