バージニア州法

a.申立てが具体的にそのような救済を要求した場合、親または親の残りの親の権利は、別の手続きで以下に 残留親の権利の終了を求める請願は、児童の最善の利益であるとして残留親の権利の終了を文書§16.1-281に基づき、里親計画の提出前に裁判所によって受 裁判所は、裁判所が終了が子供の最善の利益であることを文書化した里親計画を承認したのと同じ手続きで、親の権利の終了の請願を聞いて裁決す 裁判所は、他の親の権利に影響を与えることなく、一方の親の残留親の権利を終了することができます。 地元の社会サービス委員会または認可された育児機関は、親の権利を終了する命令のエントリの前に、親の権利の終了が求められている子供を養子に

残留親の権利を終了する命令には、サブセクションA1の規定に従って、地元の社会サービス委員会または認可された子供を置く代理店に継続ま しかし、そのような場合、裁判所は正当な利益を有する者に親権を与えることを考慮するものとする。 地方の社会サービス委員会または認可された子作り機関に親権を継続または付与する命令は、その理事会または機関が養子縁組のために子供を配置し、それに同意する権限を持たなければならないかどうかを示すものとする。

召喚状は、§16.1-263で指定された親または親およびその他の当事者に提供されるものとする。 公聴会の書面による通知はまた、子供の里親、子供の世話を提供する親戚、および子供のための事前の親に提供され、証言をし、その他の手続きに参加するために公聴会で証人として現れることができることを知らせるものとする。 通知を受ける権利を有する者および聴聞を受ける機会は、手続の当事者とする必要はない。 召喚状または公聴会の通知は、残留する親の権利の終了の結果を明確に述べるものとする。 サービスは§16.1-264に従って行われるものとします。

A項に基づく正当な利益を有する者に子供の親権を移転する命令は、裁判所の指示に従って調査した後、(i)裁判所によって子供を受け、世話することを喜んで資格があることが判明した者であること、(ii)子供と積極的で継続的な関係を有することを喜んでいること、(iii)子供のための恒久的で適切な家を提供することを約束していること、および(iv)子供を虐待および怠慢から保護する能力を有することを喜んでいることを確認したときにのみ入力されなければならない。; そして、命令はそのように述べなければならない。 正当な利益を持つ人に親権を転送裁判所の命令は、さらに、必要に応じて、子供の関心と福祉を促進する任意の条件のために提供する必要があります。

B.(i)裁判所の約束;(ii)親または親が締結した委託契約の結果として、裁判所によって無視または虐待され、里親に置かれたことが判明した子供の親ま; または(iii)裁判所が、明確かつ説得力のある証拠に基づいて、それが児童の最善の利益であり、

1と判断した場合、親または親によるその他の自発的な放棄を終了することができます。 そのような子供が被った怠慢または虐待は、彼の人生、健康または発達に深刻かつ実質的な脅威をもたらした。

2。 そのような怠慢または虐待をもたらした条件を実質的に修正または排除して、合理的な期間内に子供が親または親に安全に戻ることを可能にす この決定を行う際に、裁判所は、子供が里親に最初に配置される前に、公的または私的な社会的、医学的、精神的健康またはその他のリハビリ機関によ

以下のいずれかの証明は、サブディビジョンB2に記載されている条件の基本的な証拠を構成するものとします。

a。 親または親は、そのような重症度の精神的または感情的な病気または知的障害を有しており、そのような親が年齢および発達段階に応じて子供が必要とするケアの責任を負うことができるという合理的な期待がない。

b. 親または親は、適切な親の能力が著しく損なわれており、正当な理由なしに、適切な親の機能の能力を向上させる可能性のある推奨され、利用可能な処 親または親は、正当な理由なしに、子供の怠慢または虐待を軽減、排除または防止するように設計された社会的、医学的、精神的健康または他のリハビリ機関の側で、適切で利用可能で合理的なリハビリ努力に応答したり、フォローしたりしていません。

児童の親または親の残留親権裁判所のコミットメントの結果として、親または親によって締結された委託契約または親または親によるその他の自主的な放棄は、裁判所が明確かつ説得力のある証拠に基づいて、それが児童の最善の利益にあること、および

1を見つけた場合に終了することができる。 親または親は、正当な理由なしに、親または親とのコミュニケーションと親子関係を強化するための社会、医療、精神保健またはその他のリハビリ機関の合理的かつ適切な努力にもかかわらず、里親に配置されてから半年間、子供との継続的な接触を維持し、提供または実質的に子供の将来のために計画することができなかった。 親または親が正当な理由なく半年間継続的かつ計画的に子供と通信することができなかったことを証明することは、この状態のプリマフェイシー証拠を構成するものとする;または

2. 親または親は、正当な理由なしに、社会的、医学的、精神的健康またはその他のリハビリ機関の合理的かつ適切な努力にもかかわらず、子供の里親配置につながったか、またはそのような目的のために子供の里親配置の継続を必要とする実質的な条件を改善するために、子供が里親に配置された日から12ヶ月を超えないように合理的な期間内に不本意またはできませんでした。 裁判所に提出された里親計画または親または親および公的または私的な社会的、医学的、精神的健康またはその他のリハビリ機関によって共同で設計され、合意されたその他の計画に定める期間または目標に基づく義務に従って、児童の里親配置の継続につながったまたは必要な条件の排除に向けて実質的な進歩を遂げることができなかったことを証明することは、この条件の優先的な証拠を構成するものとする。 裁判所は、里親に子供を配置する前に、親または親を更生させるために、そのような機関の事前の努力を考慮に入れなければなりません。

D.裁判所が放棄を理由に無視または虐待されたと判断した子供の親または親の残留親権は、裁判所が明確かつ説得力のある証拠に基づいて、それが子の最善の利益にあると判断した場合、

1. 親または親の身元または所在が特定できないような状況下で、子供は放棄されました。

2。 児童の親または親、保護者または親戚は、そのような児童を特定し、児童を里親に置く裁判所による命令の発行後3ヶ月以内に児童との関係を主張するために前方に来ていない;および

3。 子供の親または親を無駄なく見つけるために勤勉な努力がなされています。

裁判所が、明確かつ説得力のある証拠に基づいて、それが子供の最善の利益であり、(i)子供の兄弟に関する親の残留親権が以前に自発的に終了されてい; (ii)犯罪の被害者が親の子、そのような犯罪が発生した時点で親が居住していた子供、またはそのような犯罪を犯すための重罪の試み、陰謀または勧誘を構成する連邦の法律または他の州、米国または外国の管轄の実質的に類似した法律の下で犯罪で有罪判決を受けている; (iii)犯罪の被害者が親の子供または親がそのような犯罪の時に居住していた子供であった場合、親が連邦の法律または他の州、米国または外国の司法権の実質的に類似した法律の下で重罪暴行を構成する重罪暴行または重罪傷害または重罪性的暴行を構成する重罪暴行を構成する犯罪で有罪判決を受けた場合。(iv)親が子供を悪化させた状況にさらした場合。このセクションで使用される

:

“悪化した状況”とは、拷問、慢性的または重度の虐待、または慢性的または重度の性的虐待を意味し、そのような行為の犠牲者が親の子供またはそのような行為が発生した時点で親が居住していた子供であった場合、(i)人の生命に対する理不尽または堕落した無関心を誘発する、または(ii)そのような子供の死亡またはそのような子供に深刻な身体的傷害をもたらした。

「慢性的な虐待」または「慢性的な性的虐待」とは、子供の健康、安全、幸福を危険にさらす身体的虐待の繰り返しの行為を意味します。

「重大な身体的傷害」とは、死亡の実質的なリスク、極度の身体的苦痛、長期かつ明白な外観の損傷、または身体の構成員、器官または精神的教員の機能の長期的な喪失または障害を伴う身体的傷害を意味する。

「重度の虐待」または「重度の性的虐待」には、一度だけ発生した行為または不作為が含まれる場合がありますが、それ以外の場合は「悪化した状況」の定義”

子供の親権を持つ地元の理事会またはその他の児童福祉機関は、このサブセクションで指定された重罪のいずれかで有罪判決を受けた親または裁判所によって悪化した状況に子供を服従させたことが判明した親と子供を再会させるための合理的な努力をすることを裁判所によって要求されてはならない。

親の権利を終了する命令が入力された後、養子縁組のために子供を配置し、それに同意する権限が与えられているローカルボードまたはライセンス子 報告書は、親の権利を終了する最終命令の日から、養子縁組の最終命令が巡回裁判所に子供に代わって入力されるまで、半年ごとに裁判所に提出され 親の権利の終了が命じられ、養子縁組のために子供を配置するために、ローカルボードまたはライセンス子配置機関に権限が与えられている公聴会の結 養子縁組の進捗報告書のコピーは、裁判所によって保護者のad litemに子供のために送付されなければならない。 裁判所は、当事者の要求の有無にかかわらず、報告書に関する公聴会をスケジュールすることができます。

このセクションの他の規定にもかかわらず、14歳以上または裁判所によって決定された裁量年齢の子供がそのような終了に反対することが確立されている場合、残存する親の権利は終了しないものとします。 しかし、14歳以上の子供の残留親の権利は、裁判所が子供の障害が子供の発達年齢を低下させ、子供が裁量の年齢ではないことを発見した場合、子供の異議を超えて終了することができます。

a.申立てが具体的にそのような救済を要求した場合、親または親の残りの親の権利は、別の手続きで以下に 残留親の権利の終了を求める請願は、児童の最善の利益であるとして残留親の権利の終了を文書§16.1-281に基づき、里親計…

a.申立てが具体的にそのような救済を要求した場合、親または親の残りの親の権利は、別の手続きで以下に 残留親の権利の終了を求める請願は、児童の最善の利益であるとして残留親の権利の終了を文書§16.1-281に基づき、里親計…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。